『小路の先に佇む家』

田中邸020
田中邸048
田中邸018
田中邸028
田中邸052
田中邸014
田中邸041
田中邸065
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

・ 場 所    ; 長崎市

・家族構成; 4人

・竣 工 日 ; 2018.04

・コメント・

長崎市郊外の住宅地にある旗竿地で、面積は130坪程度の南北に細長い敷地でした。

オーナー様が一番重視されたご要望は「動線」。具体的なイメージもお持ちでした。
玄関からシュークローク、ファミリークローゼット、そして洗面台・キッチンへ。
南北に広がる細長い敷地の中に効率良く空間を配し、階段を中心に回遊する動線を提案しました。
また、南面の間口幅は敷地形状により限られている為、東面からリビングに光を取込む工夫をしました。

シンプルで有りながらも、細やかなディティールにこだわり、
オーク材の床や白モルタルの腰壁、タモ材のオリジナル家具等を製作する事で
細部にまでオーナー様のこだわりのあるお気に入りの空間が出来ました。

年月を経ても、経年劣化ではなく味わい深くなる空間になっていく事と思います。