池下建設は長崎で注文住宅、リフォーム・リノベーション、店舗デザインを行っています。自社デザイン・施工を行なう「工房のような設計事務所・建設会社」です。オーダー家具なども弊社工場にて製作いたします。建築のことなら何でもご相談くださいませ。

自社設計・施工・監理にこだわる

今でも時々、私自身、建設会社の社長として建築に携わっているのが、不思議に思う事があります。
中学生の頃、何故か「料理人になりたい。」と思い始め、高校1年の夏休みには、母親に「料理人になりたいから、高校を辞めてスペインに行く。」なんて言って困らせたりもしました。
幼い頃、よく、棟梁であった父親(現:会長)の作業場に行き、お弟子さんから、「かなずち」を借り、要らない木片で遊んでいました。
おがくずや鉋(かんな)で削った木屑、等木の香りの中に飛び込んだりして過ごしていました。

「蛙の子は蛙」なのでしょうか?いまでは建築が大好きです。
真っ白な紙の中に、お客様が描いておられる夢をスケッチし、図面にし、模型を作り、工事に入る前にシュミレーションを重ね、形にして行く。とてもエキサイティングな行為です。

私達の会社は、ハウスメーカーと建築設計事務所の中間的な位置にあると思います。
たまたま父親が建設会社を営んでいて、私は建築設計事務所を開設したいと日々思っていました。
長年にわたって父親が築き、守りつづけ、信頼を得てきた建設会社に、私が設計事務所で培った膨大なアイデアとエネルギーを、DesignWorks池下建設という会社に注ぎ込もうと決めたのです。

「ハウスメーカーだと画一的で物足りない。建築士に頼んでみたいのだけど、どこの建築設計事務所に依頼してよいのか分からない、又、約10%の設計料はちょっと・・・等。」といったお客様の受け皿になろうと思ったのです。

自社にて設計から施工・監理までを、こだわりを持ってする事は、エネルギーのいる作業です。
会社を運営する立場で考えると、この様な方法をとる事は非合理的、非能率的な事です。
その理由は、量産が出来ないからです。
設計士の人数、熟練した職人の数にも限りがあります。

一般的に、建設会社が売り上げを延ばそうと考えれば、営業を雇い、仕事数を確保し、設計を外注に出し、おまけに施工までも外注させる、俗にいう丸投げがまかり通っているのが、まだまだ現状です。
この様な方法では、お客様とのおつき合いも希薄になり、現場にも目が届かず、トラブルの元凶となります。

私達が、たとえ量産が出来なくても、自社にて、設計・施工・監理という一連の流れを切り離して考えられないのは、上記に述べてきた事が理由です。
お客様のご要望に答え、適切な価格で、より美しい建物を造るには、この方法しかないと思います。
これからも、こだわりを持って、建て主の方に喜んで頂ける建築を手がけて行きたいと考えています。

池下浩一

お気軽にお問い合わせください【休日/日・祭日】 TEL 095-856-2854

PAGETOP
Copyright © 長崎の池下建設 All Rights Reserved.