敷地及び建物の概要

こちらの住宅は、諫早市内の閑静な住宅街に位置します。変形した土地形状であり、敷地と全面道路との高低差も約3mある為、その立地を活かすべく2階アプローチを採用し、周囲への眺望と、立地の利用を考慮したプランをご提案させて頂きました。

お客様からの要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・シンプルでシャープなメリハリの効いたデザイン(外観)。
→「外観はご主人の意向による男性的なデザイン」
「内観はシンプルで温かみある奥様の意向を重視」し、ご夫妻のご要望のバランスを配慮しながら打合せを進めました。
具体的には「シンプルな形・シルバー色を使いたい」など、ご主人からデザインのキーワードを
頂き、白をメインにシルバーと黒の配色を考え、中央に金属製の目隠しパネルを計画しました。
圧倒的な存在感で、家のシンボルとも言えるこの金属パネルは、目隠しの用途以外にも台風対策の為の風除け、夜間手前にある月極駐車場からのヘッドライト光の入り込みなどにも効果を発揮します。また目隠しパネルと家屋とで囲まれた中庭(デッキ)スペースは、居室の延長として空間に広がりを与えてくれると共に、暖かい陽射しと風を感じながらリラックスできるプライベートコートとして様々な用途に使用することが可能です。
・明るく暖かなナチュラルテイストな内部デザイン
→基本的には「シンプルさ」をコンセプトに温かみある空間を目指しました。素材として、床材には無垢のパイン材を自然塗料で塗装したものを使用。年中素足でも気持ちがよく快適です。リビングは天井高が3.6mもあり、高さを確保することで本来の面積以上に広さを感じられることと思います。リビング内にあるキッチンスペースはこげ茶色のパーテーションで囲み、デザイン的なポイントとしてご提案しました。木部は全面収納になっており本や雑貨などを十分収納できる容量を確保すると共に、別室にパントリー(食品庫)をもうけ、極力、食品ストックなどは見えないところへ収納できるように計画しました。
また、和室入口の製作扉(隠し扉)ですが、過去に弊社物件の『完成見学会』へお越し頂いた際、床の畳が開き下へ降りられる機構を目の当たりにされ「すごい!忍者屋敷みたいだね」と喜ばれていた奥様の御姿がとても印象的で、どこかにそのような仕掛けができないかと思い考えました。
材料は廃材(捨てる材料)である柱の切れ端を輪切りに加工したもので製作。
内部は他の部屋と違い「凛とした和の趣き」を感じて頂けるような空間構成を目指しました

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

キッチンパーテーション、キッチン作業台・吊り戸棚及び周辺各所、2階PC用カウンターデスク、1,2階トイレ収納、洗面台及びミラーキャビネット、TVキャビネット、オリジナル建具、姿見鏡ほか鏡類、・飾り棚など