>>第12回長崎県木造住宅コンクール 入賞作品

 

敷地及び建物の概要

こちらの住宅は、西彼杵郡内の緑あふれる町営公園に近接した変形地です。緑豊かな山並みを望む立地を活かす為、周囲への眺望と、プライベート空間とのバランスを考慮したプランをご提案しました。

お客様からの要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・周囲の自然を取込んだ計画、シンプルな「箱型」外観、変形地の巧みな利用、
インナーガレージ。
→ 周囲の環境と立地条件を気に入られたお客様のご要望にお答えすべく、各部屋や通路など、どこからでも緑を眺望できるプランとしました。
2棟の「箱」から形成されたこちらの住宅は、昼間の暖かい日差しと風を室内に取り込むよう、建物の角度調整を行い、その2棟をスキップフロアでつなぐことにより、一体的で広がりのある空間となりました。
2棟の間には、目隠しで囲んだ中庭を計画。湯舟につかりながら見る緑が一日の疲れを癒してくれることでしょう。また、「イロハモミジ」を楕円に囲む中庭の目隠し柵は、建設現場の足場資材を利用。コスト削減を実現したアイデア賞モノ。
ご要望であったインナーガレージは、台風時の飛散物から愛車を守る為、格子を設けました。
約75坪の不整形な変形敷地ではすが、将来、余裕をもって離れを増築できるような配置計画としました。

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

屋内パイン床材、玄関収納家具、ガレージ格子戸、キッチン周り各所、洗面台周り各所、オリジナル建具・リビングTV台及び周辺家具など

後日談

いつも明るく自然体で、とても仲の良いご家族でした。
そんな仲良し家族の思い出をこの家に刻んでいってほしい・・・そう言う想いも込め、シンプルに、余白のある空間づくりができたと思います。
ご夫婦のセンスとご理解があり、機能的で心地の良い住宅づくりができました。