敷地及び建物の概要

こちらの住宅は閑静な住宅街に位置しています。行き止まりの敷地でもあり、道路への車両もほとんどなく、安全で快適な立地です。
南側の隣家は4mほど下がった敷地に建っており、1階部分ではその屋根で視界が遮られる状態でした。そこで、常に豊かな景観が見渡せ、開放感のある空間を目指し、2階リビングを提案しました。
家族間の関わり方をテーマに、子供さんとの生活・視線を意識し、なおかつ、大人のくつろげる空間も確保しました。クライアントとのイメージの擦り合わせを何度も重ね、要望に合った機能とデザインとのバランスを保つことを考えました。

お客様からのご要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・料理学校に通われていた奥様は、キッチンまわりや水周りの機能に興味をもっていらっしゃいました。
→2階のLDKは、キッチンから子供部屋、リビングまで見渡すことができる配置としました。
キッチン通路の両サイドを開放することで、動線に回遊性ができ、楽しい空間を作りました。

・テレビをあまり見ないので、リビングは大人がくつろぐ場としたい。
→ご主人の趣味のワインセラーコーナーと、収納式パソコンデスクを持つリビングキャビネットを
中心に部屋を構成しました。玄関に入った先に広がるウッドデッキとシンボルツリーは、訪れた人にもゆとりと開放感を与えることと思います。

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

ガレージ枕木造り、玄関収納、1階テラス、2階木製バルコニー、屋内天然木床、洗面脱衣所、階段踊り場飾り棚、キッチン周り各所、リビングキャビネット家具等

後日談

自然素材の外構計画と調和した、シンプルで清潔感のある外観。それとは対称的に、通風と採光を最大限に取り込んだ内部空間は、各所に木の良さと、ぬくもりを感じることができます。
クライアントのニーズや固有のライフスタイルに適応した、ナチュラルでセンスのある住宅造りとなりました