敷地及び建物の概要

こちらの住宅は、長崎市内の閑静な住宅街に位置します。
敷地は南側に前面道路がある、南北に細長い敷地でした。
南側と北側それぞれに、生活の中心となる部屋を配置し、フリースペースや廊下でつなぐコの字型の計画とすることで、2つの南面から光を採り込む計画としました。

お客様からの要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・東側に広がる山の景色を眺めて生活できる家
→まず、最初にご提案させていただいたのが2階リビングでした。
東側の敷地は一段下がったところに位置していたため、2階リビングとすることで隣の住宅の上から山の景色を楽しめるように計画しました。
また、窓の高さを調整することで綺麗に緑が切り取られ、まるで緑に囲まれているような感覚になります。

・寒くない家
→今回は全窓を断熱効果が高い複層ガラスとし、家族が主に生活することになるLDK・フリースペースの4ヵ所には、床暖房を設置致しました。
また、傾斜天井の一番高い位置に設置した窓からは、冬でも暖かな光が差し込むのでとても暖かくなります。

・収納を多くとり、家事ストレスが少ない家
→共働きということもあり、家ではなるべく家族での時間を大切にしたいとのご要望でした。
そこでキッチンは対面式とし、家族と会話をしながら家事ができるように、また、ダイニングテーブルをキッチンと連続で配置することで、動線が一直線となるように計画しました。
さらに、キッチン後ろには壁一面の収納と作業台を設置し、5枚の建具で隠せるようにしました。

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

各居室建具、玄関収納、洗面カウンター、カウンターデスク、TVキャビネット、ダイニングテーブルなど