合成2
DSC_0045
DSC_0028
DSC_0110
DSC_0121
DSC_0123
DSC_0133
DSC_0141
DSC_0174
DSC_0163
DSC_0062

<h3>敷地及び建物の概要</h3>

こちらのお宅は、開発された団地内の端に位置し、道路から南東に広がった敷地の先には山の緑が
見え、とても心落ち着かせてくれます。
このような土地の条件を最大限に生かすことを考え、現在のプランを計画しました。

まず第一に、ご家族のライフスタイルに合わせ、十分な採光と通風を取り入れました。
また、意匠的・空間的におもしろく居心地の良い建物にするため、2組の長方形から構成された
1・2階を互い違いに重なるよう、家全体をL字型に配置しました。これにより、主に寝室や個室が ある2階部分の全面に朝日が差し込み、昼間のリビングには太陽の光と、 吹き抜ける風が快適な日常をもたらしてくれます。
また、東側に建物などの障害物が何もないため、1階部分でも朝日をおもいっきり取り込めることができます。その光を少しでも奥まで届かせるために、ワークスペース上部の屋根を一部高くし、そこにランマ窓を設置しました。そうすることにより、キッチンの奥まで光が差し込むように造ることができました。朝から台所に立たれる奥様も気持ちよく料理ができ、ご家族皆さんが爽やかな気分で朝食を頂けることだと思います。
ご主人も「毎朝太陽の日差しで目が覚めるよ!」と喜んでいらっしゃいました。

全体的なデザインの方向としては、
「外観・内観共シンプルにすっきりとした中に、少しモダンなアクセントがほしい」
とのご要望でした。白色をベースとした明るい空間の中に、モノトーンのパーツを組み合わせることで、近代的でありながらもどこか落ち着きのある住空間を創り上げることができました。
特に、リビングに設けたスキップフロア(ワークスペース)が好評で、リビングと程よく領域を分けながらも広がりが感じられます。親御さんの目の届くところでお子さんが勉強される環境は、自然と家族の距離を近くさせることでしょう。
また、アクセントとしてリビングにある天然石をちりばめた大きな柱には扉がついており、収納としても活用できるようになっています。

私達は、ご家族のつながりが一番の幸せだと考えます。
メッセージボードを設置したり、適度な空間の変化と遊び心をプラスすることで、少しでもご家族が一緒に、楽しく、にぎやかな時間を過ごして頂ければと思います。