山本邸058
山本邸084
山本邸007
山本邸015
山本邸090
山本邸001
山本邸054
山本邸068
山本邸036
山本邸029
山本邸115
山本邸025
山本邸117
山本邸032
山本邸056
山本邸040
山本邸041
山本邸047
山本邸048
山本邸049

敷地及び建物の概要

こちらの住宅は、長崎市内の緑豊かな団地内にあります。
土地が北側の区画でしたので、光をどのように採り込むかを考慮し計画しました。
また、2世帯住宅のご依頼でしたので、生活リズムの違いなど、お互いが気兼ねなく日々を過ごして頂けるような空間をご提案致しました。

お客様からの要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・ミッドセンチュリーインテリアが似合う空間、ゴロンとくつろげるスペース。
→60年代・70年代、いわゆるミッドセンチュリーを好まれ、とてもセンスの良い家具や小物をお持ちでした。 それらを生かす為、空間自体はシンプルなものを目指しました。その中に、くつろぎのスペースとして『かまくら』(たたみ間)をご提案。
『かまくら』内部の壁は、木目のパネルをこげ茶色に染色、天井には朱色の和紙を貼っています。
まわりのインテリアとも馴染み、空間にメリハリをつけるアクセントとしても良い仕上りだと感じています。 その他、床にはパインの無垢板を使用。できるだけ素朴な風合いを目指しました。
・各スペースの確保(2世帯・収納・子供部屋)
→2世帯住宅でしたので、必然的に持ち物も多くなりがちです。打ち合せ当初より、収納スペースの確保はキーワードの一つでした。 収納力(広さ)は限りがありましたので、その効率性や使い勝手の良さを追求しました。
極力無駄を省く為、収納するものに合せ、幅や奥行き、棚の位置をきめています。 廊下などの生活動線部分の収納扉には、取っ手やドアノブが突出しないようにも配慮しました。 障害物がなく廊下幅がひろくとれ、服が引っ掛かってつまずく危険もなくなります。
また、「かまくら」やダイニングスペースは、将来子供部屋として使用できるように、電気の配線や下地などを前もって施工致しました。

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

足場板の玄関壁面、各居室建具、かまくら造作部分、洗面カウンター小物収納など