敷地及び建物の概要

こちらの住宅は、海から30mの距離に位置した閑静な住宅地にあります。自然の災害(台風・塩害)と防犯への不安を解消するための技術的な対応を最大のテーマとして建設しました。
上記のテーマだけにとどまらず、和の趣との調和も考慮し、ゆとりのある家を目指しました。

お客様からのご要望(ニーズ)・努力・工夫した点

・台風や塩害にも丈夫で長持ちする家としたい。
→屋根や構造体・サッシなどを台風に備えたつくりとし、合わせて防犯性も高めました。
家の中央には8寸角の大黒柱があり、構造耐力を高めました。
さらには水害にも備えて、周辺道路計画によって低くなった土地を
周辺道路面より高く修正しました。

・将来、車椅子での生活も視野に入れた計画をお願いしたい。
→段差を無くし、廊下・トイレ・洗面所・寝室など各機能寸法をクライアントと打ち合わせを重ねて計画しています。

・子供夫婦・孫や親戚・友人等が頻繁に訪れる為、フレキシブルな空間としてほしい。
→居間とダイニングは、状況に応じて、引込み戸により廊下まで取込んだワンルームスタイルと、
個室スタイルの両方が生まれるように、フレキシブルな空間に計画しています。
また、居間と陶芸工房はアイコンタクトでも気軽にコミュニケーションを交わすことが
できるような配置計画としました。

・奥様の趣味の陶芸工房が必要で、部屋の各所に作品を飾ることのできるスペースが欲しい。
→玄関ホールの棚やリビングの飾り棚・トイレ・洗面などに陶芸作品が配置できます。
中庭は、奥様の趣味である陶芸工房やご友人達との賑わいの場所となる配置計画としました。

木等を用いた特色ある部分や弊社オリジナル製作品

玄関ポーチ、玄関収納、ホール飾り棚、屋内天然木床、リビング堀コタツ、リビング収納、キッチンカウンター及び作業台、トイレカウンター・収納、各所建具・障子等

後日談

クライアントの美的感覚と品質管理意識のニーズにより、快適さへの工夫や第2の人生への配慮が多彩に盛り込まれ、重厚感のある外観と木の特性を生かした、素朴で温かみのある、ゆとりある、落着いた作品とすることができました。どの部屋に居ても外部の緑や坪庭を見ることができます。
建替え前のお宅では想像もできないぐらい、南側からの光が居室に差込み、風が通り抜けるようになりました。
純和風の趣を持ちながら、クライアントのニーズや現在のライフスタイルに対応した機能や豊富なデザイン要素をもつ、木の良さを生かした住宅づくりとなりました。