>>第9回長崎県木造住宅コンクール 入賞作品

 


こちらのお宅は、田園風景が広がる、環境豊かな所にあります。裏側には森があり、正面からお宅を見ると、森にいだかれているかの様です。

ご夫妻が「こんなイメージでお願い出来ますか?」とご持参された写真は、湯布院等の品の良い宿等のデザインのものと、もう一つは、某キッチンメーカー(トー○ーキッチン)のステンレスを多用したカッコイイキッチンのカタログでした。
まさしく「和とモダン」でした。

外観デザインは、数寄屋(すきや)風の品の良いたたづまいとし、内部デザインは、和の中にそっと溶け込む様にモダンなキッチンを配置しました。
ミスマッチにならない様、過剰なデザインを避け、品を保ちました。ただ、この敷地で少々難しかったのが、南側にある2階建の母屋が接近している事でした。光が入りづらいのです。そこで、屋根を2段にし、南側と北側の壁の面に連なる窓を設け、採光と通風の両方を確保しました。

私達にとって、「和の中にモダンが融合」する住宅は初めてだったので、とても楽しく建築する事が出来ました。それに建築中から色々職人たちのお世話をして下さったご家族の皆様にはとても感謝しております。